MASAKO KUNISADA [Vo]

Profile

山口県下関市出身。

音楽好きの母の影響で、幼少の頃よりミュージカル、クラシック等の様々な生の音楽に触れる。
ゴスペルの発声方法を学ぶ為にアメリカに短期渡米。
ニューヨークのハーレムの教会で多くのゴスペルシンガーを育ててきたグレゴリー・ホプキンスに師事。
帰国後東京へ活動拠点を遷す。
多くのトップミュージシャン達と競演し、ジャズ、ゴスペルをはじめ、ソウル、ポップス等様々なジャンルに対応できるヴォーカリストとして高い評価を得ている。
2012年8月14日には1stアルバム「Wonderful Life」をリリースし、ジャズ評論家の故岩浪洋三氏より、「歌唱力抜群の大型新人が現れた」との賞賛を受ける。
オリジナル曲「I’m Movin’ On」がオリンピック年の2012年、2016年とBS-TBS女子バレーワールドグランプリにてフルコーラスで放送される。

2018年11月、映画音楽、ジャズ・フュージョン界の巨匠デイヴ・グルーシン率いる超豪華ビッグバンド、レナード・バーンスタイン生誕100年記念公演-デイヴ・グルーシン・ビッグ・バンド “ウエスト・サイド物語”の日本全国ツアーのシンガーに抜擢され、
名曲「トゥナイト」を歌い絶賛された。

現在は、ジャンルという枠から離れ、より音楽の世界観を広げるために、オリジナル曲や和洋楽曲を弾き語りで演奏する「弾き語りシンガー」として活動中。
また、「生まれながらの声」を取り戻すための発声方法を独自に研究し、現役シンガーでありながら、ボイストレーナーとしても多くのシンガーを指導している。

With me

ゴスペルの発声方法を学ぶ為にニューヨークに短期渡米し、多くのゴスペルシンガーを輩出したグレゴリー・ホプキンスに師事。
2018年11月、レナード・バーンスタイン生誕100年記念公演-デイヴ・グルーシン・ビッグ・バンド “ウエスト・サイド物語”の日本全国ツアーのシンガーに抜擢され、名曲「トゥナイト」を歌い
絶賛された。